15、紫外線を上手に防いでたるみを予防15

■肌のたるみを防ぐために必要不可欠な紫外線対策

 

紫外線は肌の表皮や真皮層にまで届き、直接肌のはりや弾力の元となるコラーゲンやエラスチンを壊したり、変質させたりしてしまうため、たるみの一番の原因とされています。

 

肌のたるみを防ぐためには、紫外線対策は必要不可欠です。
紫外線対策を疎かにしてしまうと、どんなに他の対策を施しても、たるみが進行してしまいます。

 

 

■日焼け止めの選び方

 

紫外線対策と聞いて、まず最初に思い浮かぶのが「日焼け止め」です。
日焼け止めにも様々な種類がありますが、目安となるのは「SPF値」と「PA値」。

 

日焼け止めに書かれている「SPF( Sun Protection Factor)」と呼ばれる数値は、紫外線の中でもUVBの影響をどれくらい遅らせることができるかという値です。
「SPF30」と書かれている場合は、日焼け止めを使用していないときの日焼けまでにかかる時間の30倍、日焼けまでの時間を遅らせることができるという意味になります。

 

次に「PA( Protection Grade of UVA)」と呼ばれる値は、「+」の数で表されますが、これは、UVAの防止効果をがどれくらいあるかということを示しています。
日常使いには「PA+」、数時間外にいる場合は「PA++」、海や山などのレジャーには「PA+++」といった形で、「+」が増えるほど効果が高くなるのです。

 

しかし、日焼け止めを選ぶ際には、これらの数値が高ければ高いほどよいというわけではありません。
数値が高ければそれだけ肌への負担も大きくなります。

 

普段使いの場合は、数値が低めで肌に優しいもの、レジャーなどのときは数値が高いものといったように使い分けることが、日焼け止めを上手に使う上で重要になります。

 

 

■紫外線防止の様々な対策

 

紫外線対策は、日焼け止め以外にもがあります。

 

帽子や日傘はもちろん有効ですが、できるだけUVカット加工をしてあるものを選ぶとよいでしょう。
色も、黒よりも白に近いほうが紫外線を防ぐ効果はあがります。

 

洋服は、素材によって紫外線の防止効果が変わってきます。
ポリエステルやウールはそれ自体に紫外線の防止効果があるので、UVBを8割以上カットできますが、綿やナイロンやレーヨンは紫外線の透過率が高いので、UVカット加工をしているものを選んだり、厚めの布地を選ぶとよいでしょう。

 

紫外線は窓ガラスも通ってきます。
家や車の窓ガラスに、UVカットできるシートを貼ったりすることも効果的です。

 

しっかりとあらゆる方面から紫外線を防止していくことが、たるみの予防には必要です。