27、手軽に手に入るリフトアップグッズを使う27

■リフトアップグッズはドラッグストアでも手に入る

 

顔のたるみが少しでも気になってくると、リフトアップについてあれこれ考え始めますよね。
肌のケアはもちろんですが、もっと簡単に時間をかけず効率的にできるものがないか探したりする人も多いでしょう。

 

顔のリフトアップをうたっているグッズは様々な種類のものが出ています。
比較的安価で、ドラッグストアやインターネットでも手軽に手に入るものも多いので、肌のケアと並行してリフトアップグッズを試してみるのもよいかもしれません。

 

リフトアップグッズにはいくつかのタイプがあります。
大きく分けて、顔の外側から刺激を与えたりすることで顔全体を引き締めるもの、口の中などにはめることで、顔の筋肉を鍛えてリフトアップを図るものがあります。

 

 

■顔の外側からリフトアップするグッズ

 

顔の外側から働きかけてリフトアップするグッズには様々な種類があります。

 

まず、ゲルマニウムなどの引き締め効果のある材料が使われているクリームやジェルなどで、肌に直接塗るものです。
これらは、塗るだけでなく、マッサージ用としてマッサージを行う際に使用することでさらに効果を高めることができると言われています。

 

次に、顔の上を動かしながらリフトアップを図るものです。
例えば、美顔ローラーや、陶器などでできたマッサージ用のグッズなどです。
これらは、フェイスラインに沿って使用することで、フェイスラインをスッキリさせる効果があると言われています。

 

そして、顔全体を覆ったり、一部に貼りつけたりして使うグッズです。
こちらは、マッサージなどの行為はせず、ただ装着しておくことで、リフトアップ効果を狙うものです。
例えば、完全に顔を覆ってしまうマスクや、フェイスラインに沿って装着するリフトアップバンドなどが代表的なものです。
製品によっては、入浴中に使用して発汗を促して効果をあげるものなどもありますし、寝ている間に装着しておくものなどもあります。

 

 

■筋肉を鍛えてリフトアップするグッズ

 

次に、口の中などにはめて、口周りや頬などの筋肉を使っている状態にし、それによって顔のたるみを解消し、リフトアップの効果を得るものです。

 

このタイプのものは、口の中にはめるだけで筋肉が緊張した状態になるものもありますが、入れた状態で口を動かしたりすることでさらにエクササイズの効果を得るものもあります。
さらに、口にはめた状態で外から紐を引っ張るなどの操作をすることで、引き締めや、歪みなどを矯正するものもあります。

 

このタイプのリフトアップグッズは体の負担も大きく、一日の使用時間などが定められていることが多いので、その方法を守って使用していくことが大切です。
また、使用時間内であっても、体調がすぐれなくなった場合などは無理せず中断するようにしましょう。

 

このように、顔のリフトアップを助けるグッズは様々なものが販売されているので、自分にあったものがあったら手にとってみるとよいでしょう。