26、リフトアップに効果のあるお灸26

■なぜお灸がリフトアップに効果があるのか

 

顔のたるみなどは、リンパの流れがスムーズにいかず、本来流れていくはずの老廃物や水分が滞ってしまうことで起こることがあり、さらにそれが筋肉の動きを阻害したりする悪循環に陥ります。
お灸はリンパの流れがスムーズにいくように、ツボを温熱で暖めてあげる方法です。
リンパの流れがスムーズにいくようになると、老廃物などがたまることを防ぐことができるので、たるみを解消し、リフトアップできるという効果があります。

 

 

■リフトアップに効くお灸 

 

顔がたるんでいるからといって、顔にお灸を据えるわけではありません。
リフトアップに効くツボは、手や足にあるため、手や足にあるそれらのツボにお灸をしてあげるだけで、効果があるのです。

 

顔全体の引き締めに効果があるツボは、手の「合谷」、足の「太白」です。
「合谷」は手の甲の親指と人差し指の付け根付近にあり、「太白」は足の内側、親指の付け根付近にあります。
下まぶたから頬、口周りのたるみに効くのは、足の「陥谷」というツボで、足の人差し指と中指の間を少し足首方向になぞったあたりの凹みです。
頬からあごのラインをすっきりするには、手の「中渚」というツボで、手の薬指と小指の間を少し手首方向になぞったあたりの凹みです。

 

これらのツボにお灸をして暖めてあげることで、顔の血液やリンパの流れがよくなり、顔のたるみがとれスッキリとリフトアップする効果があるのです。

 

 

■お灸の効果を自分で手軽に得る方法

 

お灸は鍼灸院などに通わなくても自宅で自分でやることもできます。
最近は、りんごやレモンの香りなどの香りつきのお灸や、温熱の度合いがおだやかなもの、火を使わないもの、使い捨てカイロのようなものなど、手軽にお灸ができるものがたくさん販売されています。
シールで貼りつける形がほとんどなので、初心者でもとても簡単にできます。

 

シールをはがして火をつけて、台座部分をもってツボに置くだけです。
軽く置くだけでくっつくので安心です。
やがて少しずつ温度が上がり、やがて燃え尽きると少しずつ温度が下がっていきます。
煙が出なくなってもしばらくは暖かさが残ります。

 

お灸をしている時間はリラックスの時間にも良いでしょう。
リラックスをすることも、肌には良いことなので、お灸でリラックスしながらリフトアップを目指しましょう。